愛犬と一緒に暮らせる家など、しあわせのリフォームをお手伝いします。住まいのホームドクターとして、お気軽にご利用ください。

にゃんサプリ

愛猫にこんな症状ありませんか?

hp邏譚・hp-02

その症状歯の病気のせいかもしれません

hp邏譚・hp-04

「にゃんサプリ」は、そんな愛猫の気になる口臭や虫歯予防を考えた猫用サプリです。

hp邏譚・hp-07

ポイント1 L8020乳酸菌配合

にゃんサプリには、原材料として、L8020乳酸菌を使用しています。
これにより、虫歯の原因となる虫歯菌、歯周病菌そのものを抑制し虫歯のリスクを減らし、愛猫の口内環境を整えることができます

L8020乳酸菌とは

歯周病、むし歯になったことない健康な子どもの口の中から発見されたヒト由来の乳酸菌です。
正式名称は「ラクトバチルスラムノーザスKO3株」という菌種。
広島大学歯学部、二川教授の研究により発見された菌です。

歯周病菌・むし歯菌の発育を阻止する、制菌効果のある乳酸菌の一種で、歯周病菌とむし歯菌・カンジダ菌を効果的に抑制し、口腔内環境を健康に保ちます。
満80歳で自分の歯が20本以上あれば、食生活に満足することができると言われています。
歯を健康に保つという意味合いで8020という数字がつけられています。
次のページにも詳しく説明していますので、ご覧ください。

L8020乳酸菌について

ポイント2 国立大学教授との共同開発で生まれました

にゃんサプリは、
前述のL8020乳酸菌を発見した広島大学 歯学部 二川教授
L8020乳酸菌のペットへの適用を学術的に研究された鳥取大学 農学部 岡本教授
このお二人との共同開発によって生まれました。

ベットの口腔内環境を整えることが大事です!!

口腔が全身の健康に及ぼす影響については、近年さまざまな角度から研究がされています。
健康全般における歯科、すなわち口腔の健康の位置づけも明確になってきました。
人と比べてベットはほとんど歯磨きをしないため、年齢を重ねる毎に歯周病の割合が多くなってきます。
10歳を超えると殆どの症例で歯周病を患っています。
この歯周病を起こす細菌(歯周病原細菌)は血液中に侵入して増殖できるため、血流に乗って全身に疾患を引き起こす危険性をもっています。
さらに歯周病原細菌の細胞壁に存在する内毒素(LPS)は、血中にあると全身に炎症を起こすこともあります。
歯周病原細菌が関連する全身疾患としては、脳血管疾患、誤囁性肺炎、心内膜炎、肥満、骨粗寿症、糖尿病、消化器疾患、腎臓疾患等、様々な疾患に関連しています。
さらに歯周病はがんの発生率を上げるとの報告もあります。
最近、犬においてもヒトと同様に歯周病原細菌が数種類同定されてきています。
これらの細菌と疾患の関係が今後明らかにされていくものと思われます。
したがって、ベットの口腔内環境を整えることは、ペットの様々な疾患を防ぐ最も重要かつ必要なことです。

口内環境と関連が指摘される全身疾患

ポイント3 のどぐろ、鯛など新鮮な海の恵みがたくさん!

ポイント4 いつものキャットフードにかけるだけ!

にゃんサプリの与え方は、いつものキャットフードやお水に「にゃんサプリ」をスプーン一杯かけるだけです。
※にゃんサプリ1袋は、1か月分=1袋を目安にお与えください。

hp邏譚・hp-05

 

ご購入について

にゃんサプリは、2018年2月下旬発売予定です。
しばらくお待ちください。
——————————
なお姉妹製品「わんサプリ」は、販売サイトにてご購入できます。
下のボタンをクリックすると販売サイトに移ります。

■お問い合せ

「にゃんサプリ」に関するお問い合せがございましたら、下記にお問い合せください。
有限会社浅野屋建設

広島県呉市安浦中央5ー8ー24

TEL:0823-84-6655
FAX:0823-84-6657
メールでのお問合せは以下フォームよりお願いします。


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

お問合せ内容

お気軽にお問い合わせください TEL 0823-84-6655 〒729-2502 広島県呉市安浦中央5-8-24

PAGETOP
Copyright © 有限会社浅野屋建設 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.